ニキビ跡 治し方

MENU

ニキビ跡、消す!

ニキビ跡に悩んでいた私も、これだけ変わりました!!

 

 

ニキビ跡を消すために開発された美容液とは・・?

今なら定期便で約半額&送料無料!!

『10秒でニキビ跡が消える』カラーコントロール(2,500円相当)のプレゼント付き♪

 

芸能人やモデル、海外セレブも愛用!何かと話題です☆

 

 

顔だけじゃなく、意外と悩んでいる人も多い『背中ニキビ跡』にも効果あり♪ぜひお得なキャンペーン中にお試しください。

 

 

 

ニキビ跡の原因・・ニキビあとはどうしてできるの?

 

 

 

ニキビ跡はニキビが炎症を起こした際に起こる毛細血管からの出血や細胞の破壊によって出来たものです。肌の内部のダメージが、皮膚を通して外側から透けて見えている状態でもあります。ヒトの肌にはターンオーバーがあり、定期的に古い角質層を体外に押し出し、新しい肌に生まれ変わります。通常ならばニキビ跡もターンオーバーによって消えていくのですが、このターンオーバーが乱れていていて正常に機能しなくなることで跡が残ってしまうのです。そのため、スキンケアなどでこのターンオーバーさえ正しい状態に戻していくことでニキビ跡が改善される場合があります。しかし注意しなければいけないのは、必ずしも完治しない場合があるということです。特にクレーターのように凹んだニキビ跡はニキビの炎症により肌の土台が破壊され、えぐれたように凹んでいる条谷あります。破壊が真皮まで達している状態なのでターンオーバーだけでは治すことは難しいのです。ニキビ跡のなかで最も深刻な状態でもありますから、綺麗に消したいのであれば皮膚科など医療機関に通う必要があります。

 

ニキビ跡の対策・・ニキビができてしまったら

 

 

ニキビは毛穴の入り口が詰まることで起きる肌トラブルですから、そのつまりを除去することが効果的です。その為には角化して厚くなった角質のつまりを改善するピーリングなどの治療が挙げられます。特にニキビが出来やすい方はニキビ予防としてAHAが配合されている石鹸やローションなどで日常的にピーリングを行って毛穴を綺麗に保つと対策出来ます。普段スキンケアを行う際は、なるべく油分を使用していないオイルフリーの化粧品を使用するようにします。そして栄養バランスを考えた食生活を摂るように心がけましょう。ニキビが出来やすかったり、皮脂分泌が活発になると言われている食品は避けたり控えめにするようにします。もしニキビが出来て悪化したり治らない場合はクリニックなどで治療を受けると痕が残りません。クリニックでは高い効果のあるピーリング治療を受けることが出来、毛穴の除去だけでなく皮膚の新陳代謝も促すので効果的な改善を行うことが出来ます。保険診療内の知恵様ですと、内服や外用治療があります。皮膚科ではニキビ専用の薬を処方してくれます。ニキビが出来てしまうとつい押し潰してしまう人も多く見られますが、皮膚組織を傷つけることで更なる炎症を引き起こしたり、ニキビを悪化させる原因になるのでなるべく触らないようにしましょう。

ニキビ跡がしこりになってしまったら

 

 

ニキビ跡がしこりになってしまたらまず新しいニキビをつくらないようにしましょう。新しいしこりが出来てしまう可能性があるので、生理前など不安定な時期にニキビが出来やすい体質であるならば皮膚科で処方箋を貰うなどして予防します。次に刺激を与えないようにしまよう。まだしこりが赤い段階の場合、擦ったり潰したりしてしまうと悪化の原因になります。フェイスラインは無意識に触ってしまう箇所でもありますので注意してください。また汗をかいた際に引きおこるかゆみが我慢できず掻いてしまうとその刺激で悪化する場合もあります。汗をかいたらすぐ拭き取るようにしましょう。特にアトピー肌のひとは注意して、優しく拭き取るようにします。洗う際も強く擦らないようにしましょう。角質を落とす際に便利なピーリングはしこりを改善するには効果の弱い商品です。使い過ぎると乾燥し、悪化する原因になるため気を付けましょう。健康な肌を保つにはターンオーバーを整える必要ああります。そのため、バランスの良い食事は不可欠です。炭水化物や糖質、脂質を摂り過ぎに様にしましょう。欠けた栄養素はサプリメントなどで代用しても構いません。

 

ニキビ痕に効果のあるスキンケア

 

 

ニキビ跡は炎症を起こした際に毛穴の周りでうっ血が起き、帯びた赤みが残るタイプと色素沈着したシミタイプ、そして一番やっかいと言われている凹凸が残るクレータータイプの三つに分けることが出来ます。それぞれタイプによって効果のあるスキンケアが異なるので注意が必要です。まず赤みが残るタイプですがこのタイプはセルフケアで薄くすることが出来ます。皮脂を抑える香かやニキビの炎症を抑える香かのあるビタミンCが配合されている化粧水や美容液が有効です。特に肌への浸透力が高いビタミンC誘導体は配合したものを選ぶとよりよいでしょう。シミタイプも同様に効果的ですが、ピーリングも有効です。肌の古くなった角質を剥がすことで薄くなります。大体1週間に1回程度を目安に行うと良いでしょう。角質を剥がした肌は敏感な状態になっているのでピーリング後はしっかり保湿を行ってあげてください。クレータータイプのニキビはセルフケアでも改善することは可能ですが、時間がかかります。効果を望むなら医療クリニックなど専門治療を行うと良いでしょう。

ニキビ跡が黒ずんで来たら・・?

 

 

 

黒ニキビの主な原因は毛穴のつまりです。古い角質と皮脂が混ざり合ったものが毛穴に詰まった状態で、白ニキビの状態から悪化する傾向がみられます。中に詰まっていた皮脂が皮膚の上に押し上られることで毛穴が開き、空気に触れた酸化した皮脂が外に露出しているのです。つい除去する為に自己処理を行おうとしてしまいがちですが、化膿やアクネ菌による炎症が出来たり、さらに悪化して赤ニキビが出来てしまう場合があります。黒ニキビの改善として一番有効なのは皮膚科による治療です。毛穴のつまりをケアするディフィリンゲルという成分が配合された軟膏や、堅くなった角質を除去する効果を持つサリチル酸ワセリンなどの外用薬を塗る方法が挙げられます。また専用機器を使用して抗炎症作用のあるビタミンCの補給や、毛穴詰まりを除去できるケミカルピーリングなどと言った方法で治療を行っていきます。また肌のターンオーバーを改善するためにサプリメント摂取や食事療法で積極的にビタミンB2を摂取することも治療法のひとつとして行われており、自分自身でも積極的に行うことが可能です。

ニキビはつぶしてもよい?

 

 

ニキビができた時に、思わず触りたくなってしまうことはないですか。中には触りすぎてニキビを潰してしまったり、潰そうとして触った時に親や友達に注意されてしまったりすることもあります。ニキビは、赤っぽくなった色と白っぽい色になったニキビなど症状によって、色が違ってきます。赤っぽい色をしていましたらニキビができたばかりの初期状態で、この状態で洗っていない手で触ってしまったり掻いたり触ったことによって潰れてしまいますと、炎症反応が出ていますので悪化をし跡が残ってしまうこともあります。逆に白い色のニキビになってしまいましたら、ニキビの状態が進行して膿ができ清潔な手で潰しますと膿と水っぽい液が出てきますので、上手に出すことによって跡にもなりにくいです。ただ膿を出した後に放置したままでは逆に跡になってしまいますので、消毒して軟膏を付けるなど治療をすることによって徐々にニキビが改善してゆきます。膿を出した後のほとんどは自然治癒ということで、自分自身の皮膚の再生能力任せになってしまいますが、年齢によっては新しいお肌を作り出す力は高いのでヘタに薬に頼るよりも治りが早いことから、潰した後のお肌の事も考えることができればタイミングを見計らえばつぶしても大丈夫です。

 

ニキビ跡化粧品ランキング!

 

ニキビ跡に効果のあるコスメをランキングでご紹介!